電話一本で駆けつけます。

優和地所は地元密着を基本としています。地元ならではの知識と多数の顧客データにより様々な角度からご提案をさせていただきます。電話一本ですぐに駆けつけます。 さらに弊社では独自の成約事例データをクラウド化してあります。生のデータを元にしっかりした売却を実現できます。弊社のネットワークをフルに活かし、より多くの情報が利用できますので、お客様の売却もより確かになっていきます。広告(CM)に関してもネットのみならず広告も発行しております。また、数多くの顧客様に配信を行っておりますので、スピーディな売却が実現します。

ph_01

各分野の専門スタッフが完全サポート

税務・法律・建物など不動産取引に必要な各分野に強いスタッフが揃っております。お客様の大切なマイホーム売却を徹底的にしっかりサポートいたします。 また、ファイナンシャルプランナーや提携弁護士事務所も必要に応じサポートに加わります。 相続や空き家問題にも対応しております。まずはお気軽にご相談下さい!

ph_02
売却依頼の際のご契約について

売却依頼に際しては、3種類の媒介契約がございます。それぞれの媒介契約の特徴は下記の通りです。

  一般媒介契約 専任媒介契約 専属専任媒介契約
契約の有効期間 制限なし
(行政の指導では3ヶ月以内)
3ヶ月以内 3ヶ月以内
指定流通機構の登録
(レインズ)
登録義務なし 契約締結後7日以内 契約締結後5日以内
自ら探した相手方との
直接契約
直接契約可能 直接契約可能 直接契約不可
複数の不動産会社への
依頼
× ×
販売状況・業務処理状況
の報告義務
報告義務なし 2週間に1回以上 1週間に1回以上
3種類の契約のメリットは大きく2つのわけることができます。

一般媒介契約は、複数の不動産会社に重ねて依頼することができます。 他の不動産会社の名称と所在地を依頼した不動産会社に通知する義務がある「明示型」と通知しなくてよい「非明示型」の2種類があります。
一方で専属専任媒介契約・専任媒介契約は、お客様が依頼した不動産会社以外の不動産会社に重ねて不動産売買の媒介を依頼することができない点など類似する点が多くありますので、下記の通り2つに分けてメリット・デメリットをご説明いたします。

  • 一般媒介契約
    ・複数の不動産会社に依頼可能なので、他の契約に比べお客様にとって制限が少ない。
    ・近所や会社に知られたくない等、市場への公開を抑えて販売が可能である。
    ・複数の不動産会社へ依頼した場合、個別の対応に手間がかかる。
    ・販売状況の報告義務がない為、販売進捗状況がわかりにくい。
    一般媒介契約イラスト
  • 専属専任媒介契約・専任媒介契約
    ・定期報告の義務がある為、明確に販売状況等がわかる。
    ・契約した不動産会社の責任が大きくなる為、費用がかかる積極的な販売活動を行ったり、
    販売活動を一生懸命してもらえる。
    ・業務やサービス内容で優遇を受けやすくなる。
    販売中に親族や知人が購入したいとの要望が出た場合でも、不動産会社を通じて売買する必要がある。(専属専任媒介契約のみ)
    専属専任媒介契約・専任媒介契約イラスト
不動産売却の流れ
STEP1
売却の相談と調査・査定
▼
STEP2
媒介契約のご締結
▼
STEP3
購入希望者探し
▼
STEP4
不動産売買契約の締結
▼
STEP5
物件引渡しの準備
▼
STEP6
残代金決済と物件の引渡し
不動産売却Q&A
Q_icon売却査定にはどれくらいの期間がかかるの?
A_icon一般的に査定にかかる期間は、机上査定(簡易査定)と訪問査定(実査定)ともに1時間程度です。
その他に役所での調査、法務局での調査が必要となりますので、査定書をお出しできるまでには数日から1週間程度かかることが通常です。
Q_icon机上査定(簡易査定)って何ですか?
A_icon机上査定とは、あらかじめ物件の情報をうかがっておこなう査定のことで一般的に30分から1時間程度の調査で査定価格をお出しできます。
Q_icon訪問査定(実査定)って何ですか?
A_icon訪問査定は、現地確認のため、実際に査定員がお伺いし、お宅を拝見した上で査定価格をお出しますが、訪問査定にかかるお時間も約1時間程度です。
Q_icon売れなかった場合はどうなるのでしょうか?
A_icon現在の市場の動向や、お客様の物件情報をまずは整理し、問題を分析する必要があります。価格設定に問題があった場合は、希望売却価格を下げる必要があることもあります。
Q_icon不動産会社によって査定額って違うのでしょうか?
A_icon会社によって査定額が違うことはあります。 熟練の鑑定眼やノウハウがある会社の、信頼できる営業マンを選ぶことが安心できる査定を受けるための重要ポイントとなります。
当社では税務・法律・建物など不動産取引に必要な各分野に強いスタッフが揃っております。
Q_icon売却したい物件にいらない家具などがある場合はそのままでも いいのでしょうか?
A_icon基本的には全て撤去しなければなりません。もし買い主様とご相談できるようでしたらしてみて下さい。 処分する場合は、引越し業者に引き取ってもらったり、リサイクルショップで売却、又は粗大ごみとして出す等になります。

実績&経験の豊富なスタッフが、お客様の不動産売却をサポートいたします。

不動産売却のご相談フォーム
ご売却物件の種類
査定・相談のご希望
物件所在地
物件の面積 ▼一戸建、土地を選択された方は入力して下さい。
  • 土地面積
  • 建物面積
▼マンションを選択された方は入力して下さい。 専有面積
ご売却希望価格 万円くらい
自由記入欄
お名前
フリガナ
ご住所
(郵便番号自動入力の場合、番地までご入力下さい。)
お電話番号
E-mailアドレス
※お問い合わせ完了後に、確認メールをお送りいたします
希望連絡方法

無料30秒簡単登録

MIYAMA Club

  • 公開物件
    105
  • 未公開物件
    188

不動産は、売主さまのご都合により一般に公開(ポータルサイトや企業サイト)できない物件が多数ございます。 来店でしか得る事のできない貴重な物件情報をお客様に閲覧できる様にいたします。

YUWA Club ログイン

ログインID
パスワード